鼻水

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Medical
ご自身の健康問題に関しては、神に訊くか、医者に行って確かめるか、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。
また、免責事項もあわせてお読み下さい。
廃液はいつでも手に入る

鼻水(はなみず)(:Runny nose)とは精密機器の管理・衛生に使用され、発生する廃液の化学物質である。

概要[編集 | hide | hide all]

鼻水とは正式名称を過濁化塩素水溶液(かだくかえんそすいようえき)と言い、化学式ではH2Di5Rt2ClO[1]と表す。これは純粋な過濁化塩素水溶液の化学式であり、自然界に存在する過濁化塩素水溶液にはFeやNaなどと化合している。

種類[編集 | hide]

過濁化塩素水溶液には廃液となる前に化合する物質によって液体の性質が変わり、液体の色からおおよその用途を推測することができる。

膿性 水溶性
黄色過濁化塩素水溶液
緑色過濁化塩素水溶液
白色過濁化塩素水溶液
青色過濁化塩素水溶液
特にDiやRtの率が高い。主に免疫機能としての使用後に発生する。粘度が高い。 精製された過濁化塩素水溶液。汚いことに変わりがないが純粋な精製過濁化塩素水溶液として重宝される。青色は栄養価が低いため安価で購入できる。
褐色過濁化塩素水溶液
過濁化塩素水溶液精製装置が故障している場合などに発生する通常の過濁化塩素水溶液より赤みがかった過濁化塩素水溶液のこと。鉄分(Fe)の含有率が最も高い。日常的に生産ができないため高値で取引される。[2]

生産[編集 | hide]

最大の生産者にして消費者

前述の通り過濁化塩素水溶液は精密機器で使用されて発生するが、使用のための溶液は生産を含めほとんどの場合機器付属の工場で自給している。発生方法にはいくつか種類がある。

アレルギー反応法[編集 | hide]

主に白色過濁化塩素水溶液を生成するのに使われる方法。生産時期は春先の3~4月と9~10月頃に最も盛んに生産される。具体的な生産工程をあげると花粉と呼ばれる物質を意図的に取り込み、体内の洗浄効果を利用したもの。生産方法としては比較的効率がよいほうではあるが、機器によっては貯蔵量を上回る量の白色過濁化塩素水溶液が生産されてしまうことがあり、年間数万tの白色過濁化塩素水溶液が不法に放棄されている。

抗体死滅化学法[編集 | hide]

こちらは黄色過濁化塩素水溶液と緑色過濁化塩素水溶液を生成するのに使用される方法。機器は精密であるためわずかな問題が発生するだけで[3]活動を停止してしまう。そのことを防ぐために使われる体貯蓄水を利用する。ウイルス細菌といった異種蛋白質性物質を機器内に投入することでこの貯蓄水は非常に濃度の濃い黄色と緑色の過濁化塩素水溶液を生成することができる。特筆すべきはそのDiとRtの比率の高さで、通常の水質調査ではVを軽く超える生物の生命を脅かす危険な液体となる。生産時期は冬の時期がメイン。

元素単体を用いた合成法[編集 | hide]

その名の通りそのまま科学実験を用いたやり方。非常に収集できる量は少ないが機器の外でできる唯一の実験。様々な色の過濁化塩素水溶液が作れることがわかっている。化学式で表すとH2O+5Di+2Rt+(Na)Cl→H2Di5Rt2ClO

生産に関する今後の課題[編集 | hide]

近年では生産工場の技術レベルが上がり、本来安価に作れるはずの青色過濁化塩素水溶液が極端に少なくなり、市場価値が高騰するといった状況も起こっている。

利用方法[編集 | hide]

慎重に作る

過濁化塩素水溶液は廃液でこそあるがそのようとは多岐にわたる。代表的なものが鼻提燈の制作と鼻糞の作成である。鼻提燈とは過濁化塩素水溶液に空気を入れることで膨らませるもので正式には過濁化塩素過水溶液という。これらは主に睡眠の際の自己PRに使われたり、工場の休止そのものを伝える役割がある。鼻糞とはご存知だろうが精密機械の動力源にもなる燃料のことである。精密機械は鼻糞を取り込むことによって通常のパフォーマンスを超えた動きを可能にするため、良質な鼻糞を作るべく各過濁化塩素水溶液生産工場は日夜研究開発に取り組んでいる。

事故[編集 | hide]

過濁化塩素水溶液はかつては近所の道でも簡単に採取できたが、汚染された廃液であるためくしゃみによる痛ましい事故も多数起きている。そのため現在では危険物取扱者の資格を持つものしか黄色・緑色の過濁化塩素水溶液は取り扱えないことになっている。

脚注[編集 | hide]

  1. 2(ふ)5(け)2(つ)
  2. 怪我の功名。周りにもっとも心配されるという意味で2、3重に利益を得る。
  3. 個装が一部はがれる等

関連項目[編集 | hide]

外部リンク[編集 | hide]