3Dメガネ

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

3Dメガネ(すりーでぃーめがね、:3D glasses)とは、二次元的な映像を三次元的に見るために開発されたメガネである。

概要[編集 | hide | hide all]

3Dメガネでは、左右の目に別の映像を見せることで、映像の視差を人工的に生み出し、人間の脳が三次元的に視野を再構築した際に立体的に見えるような措置が取られている。

基本的な原理は、2種類のフィルターを使い、それぞれ選択的に光を遮光することによって行われている。初期のものは本記事のように赤い映像と青い映像を分類するフィルターがかけられていたが、近年のものでは偏光板を用い、色では無く光波長の振幅の向き(偏光性)を利用したフィルターが使われている。

また、ニンテンドー3DSのように、メガネなしで3D映像を表示する技術も存在する。

実験[編集 | hide]

本記事を3Dメガネ越しに見ると、立体的に見える可能性がある。

免責事項[編集 | hide]

但し「可能性」でしかないので、動作することを保証しない。