AviUtl

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Xx_真のAviUtl使い_xXとなれば、次第に動画のクオリティも、表示するウィンドウの数も、AviUtl.exeが動作を終了する回数も多くなるだろう。

AviUtlとはKENくん氏が制作した無料の動画編集ソフトウェア。抜群の機能性を誇るため、32bitアプリケーションなのに使い続けられている。

ダウンロードするんだ。これでAviUtl教の仲間入りだ。


特徴[編集 | hide | hide all]

(Premiere Pro + After Effects) / 2 = AviUtl
  • 32bitアプリケーション(その為メモリを4GB以上使うことができない。4k動画を読み込むと高確率で落ちる。)
  • インスタ映えする各種フィルタが初めから使える。
  • 豊富なプラグイン(拡張編集プラグイン、x264(x265)出力プラグイン、カラーパレットプラグインなど。スーパーインポーズテロップ、エフェクトを掛けるには拡張編集Pluginが必須。というか導入しないと要らない子
  • 豊富なスクリプト(スクリプト言語Luaで記述されている。拡張編集プラグインを入れることで利用可能。中にはAfter Effects使いまでも黙らせる秀逸なスクリプトも存在する。)
  • 無料。
  • 無料!
  • 無料!!!!!

拡張編集Pluginについて[編集 | hide]

AviUtlを語る上で外せないのが、このKENくん氏自らが開発した拡張編集Pluginである。単に「拡張編集」と呼ぶこともあるが、AviUtl内臓の機能ではない(プラグインの導入により利用できる)ので注意。何も導入されてないAviUtlは、AVIファイルを読み込んでフィルタを掛けておしまい...などこにでもあるツールだが、拡張編集Pluginを導入することでプロ黙る[要出典]タイムライン・レイヤーを使った高度な編集が可能。

拡張編集Pluginだから、できたこと。[編集 | hide]

  • オブジェクトの概念(動画も画像もテキストも、オブジェクトとして扱われる)
  • テキストの挿入(これでゲーム実況動画が作れる!!!)
  • 60fps読み込み・書き出し(ヌルヌル動画が作れちゃう!!!)
  • 加算、減算、オーバーレイなどの合成モードを使ったレイヤーとレイヤーの合成(地味な画像もおしゃれに!!!)
  • カメラ制御(After Effects使いも涙目!!! これでボカロMVが作れちゃう!!!)
  • メモリが足りません。からのAviUtl.exeは動作を終了しました。