JR東日本E331系電車

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
E331系から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

JR東日本E331系電車(2006年生2014年没)は、かつて東日本旅客鉄道(JR東日本)京葉車両センターに住んでいたニートである。

概要[編集 | hide | hide all]

東急車輛と川崎重工業のハーフである。京葉線の異端児だったが、故障ばっかりしたせいか、引きこもるようになる。

その後、死神EF64に長野へ連れて来られ、重機の餌にされてしまった。201系や205系の二の舞を演ずることとなったのである。しかも205系は栃木の山奥に逃げ出し生きているものもいるが、こちらはそもそもひとつなため、何も残っていない。

車両長が不揃いの14両編成だったり、座席確保を理由にドア間隔が均等で無かったり、可変座席なるモノを導入するなど、かなり珍しいものが多くあった。

関連項目[編集 | hide]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「JR東日本E331系電車」の項目を執筆しています。
Uncyclopedia logo.png
アンサイクロペディアでユーモア研究生の暇人達が、「JR東日本E331系電車」の項目を執筆しています。
ユアペディアロゴ.jpg
ユーモア欠落症患者の犯罪者の為に荒らされまくって気がおかしくなってしまったユアペディアン達も「E331系電車」の項目を執筆していますが、一行記事或いは壊れた記事なので見る価値はありません。
Enpedia.png
ウィキペディアの項目が居苦しいと感じ始めたユーモア欠落症患者の為にヤツデ感染症のエンペディアン達が「JR東日本E331系電車」の項目を執筆しています。