GMT47

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

GMT47とは、アメ横女学園芸能コースなどを手掛けた荒巻太一がプロデュースしている、2008年に結成されたアイドルグループ。

歴史[編集 | hide | hide all]

2006年に結成されたアメ横女学園芸能コース(以下「アメ女」)が大ブレイクし、さらなるアイドルグループとしてご当地アイドルを集結させる構想を打ち出したのが結成のきっかけである。2008年には47都道府県のメンバーが揃い、総勢125人(2019年10月現在)の大所帯となった。

グループ形態[編集 | hide]

メンバーは47都道府県から2~3名ずつ選ばれ、メンバーが脱退した場合は追加メンバーオーディションが行われる。また、アメ女の下位グループとしての役割も持っており、アメ女のレギュラー階級におけるリザーブ・ビヨンドを兼務することもある。ただし、アメ女八賢伝まで上り詰めた時点でGMT47のメンバーからは外されることとなり、この場合も追加オーディションが行われる。逆に同じ都道府県出身のメンバーが同じ時期に脱退した場合など、一時的にアメ女のメンバーがGMT47のシャドウ(代役)となる場合もある。

劇場公演[編集 | hide]

東京・上野の「東京EDOシアター」と、品川の「東京SKYシアター」を拠点に、ほぼ毎日公演を行っている。当初は「東日本の玄関」上野にあるEDOシアターに東日本のアイドルを、「西日本の玄関」品川にあるSKYシアターに西日本のアイドルを集結させて戦わせる予定であった。しかし、そのまま東西に分けるとメンバー数が不均一になってしまい、メンバー数が半分ずつになるように分けると玄関口という大義名分が成り立たなくなってしまう。さらに「品川は西日本の玄関とは言えない」というファンやメンバーからの不満もあったため、2劇場制になって1か月も経たないうちに方針を転換。メンバーは日によってどちらかの劇場に出演することとなった。なお、上野駅発着の長距離列車が2017年にほぼ全滅し、2027年にはリニア中央新幹線が品川駅から名古屋まで開通する予定であることから、荒巻はメンバーからの質問に対し「それまで(グループが)残ってるか不明なので、その頃になったらまた考える」と答えている。

平日は19時から、土日祝日は13時・16時・19時の3回公演が行われている。出演するのは毎回20名。披露される曲は毎週差し替えられ、随時新曲も発表される。アンコールでは毎回「地元に帰ろう」が披露される。

関連項目[編集 | hide]

  • AKB48 - プロデューサーの雰囲気が似ていることでも知られる、事実上のライバルグループ。しかし2014年以降、48グループが姉妹グループ総出のライブイベントや選抜イベントを行う際に、アメ女とGMT47に全国各地の劇場を貸し出している。秋元康は理由を明言していないものの、荒巻によると「あっちはうちと違ってメンバー増やしすぎだから金に困ってんだ、使用料使用料。」とのこと。
  • NHK
 

この項目『GMT47』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ