JR四国8600系電車

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「JR四国8600系電車」の項目を執筆しています。
アンサイクロペディア
アンサイクロペディアユーモア研究生共も「JR四国8600系電車」については執筆する能力を持ち合わせていません。我らウソペディアンは彼らとは違うのです。
NoYourpedia.png
荒らしまくられて気がおかしくなってしまったユーモア欠落症患者のユアペディアン達は「JR四国8600系電車」の執筆をサボっています。このような快挙を手際よく成し遂げたことは我らの誇りです。
NoEnpedia.png
ヤツデ感染症のエリートのエンペディアン達も「JR四国8600系電車」を執筆していません。いくらエリートでも、彼らはさらにエリートなウソペディアンとは違うのです。
「もう、またごろごろして…」
JR四国8600系電車 について、8000系

JR四国8600系電車(8600けいでんしゃ)とは、JR四国が久しぶりに作り出したぐうたらな電車である。

概要[編集 | hide | hide all]

当車両はJR四国がまだ元気だった時代に導入された2000系気動車がそろそろ過労死しそうになったため、泣く泣くJR四国が新造した特急形電車である。

ちなみにこれはは8000系電車以来21年ぶりのことであり、新車両を作る費用が賄えなかったため四国新幹線建設を無かったことにしたい新幹線建設・並行在来線第三セクター化支援機構からの資金援助によってやっとのことで製造にこぎつけることができた。

しかし、出来上がった当の8600系はかなりぐうたらな性格をしており、登場時のダイヤ改正では「いしづち」たった1往復のみの運用、しかもしょっちゅう「検査が必要」と言って休み、その間は姉の8000系電車に代走を押し付ける、また繁忙期は「人が多いのがやだ」と言って多度津より西へ行くのを拒否するなど、JR四国の悩みの種となっていた。

しかし…

「えぇ~運用するの!? 今日も1日車両基地ででごろごろしていたいよ~」
2016年3月26日ダイヤ改正 について、8600系

援助があったとはいえ高い金を払って8600系を製造したJR四国がついにキレ、2016年のダイヤ改正より姉と同じくらいのハードスケジュールな運用を8600系に課すようになった。

現在では1日に「しおかぜ」「いしづち」合わせて6往復に運用され、とてもぐうたらしていられない状態となっている。

関連項目[編集 | hide]