西日本旅客鉄道

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
JR西日本から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

西日本旅客鉄道(にしにほんりょかくてつどう、: West Japan Railway Company)とは、中国・関西・北陸を営業区域とするJRの一つ。元々は東海道新幹線と中京圏も営業区域に入れるはずだったが、JR東海との暗躍交渉の末失うこととなり、その結果広さの割に本州に存在するJR3社中最も貧しい会社として発足する事になってしまった可哀想な会社としても有名。

概要[編集 | hide | hide all]

1987年4月。国鉄の崩壊に伴い、事業を継承する会社の1つとして発足。JR各社を6兄弟に例えると次男坊的な存在であるが、長男坊のJR東日本や三男坊のJR東海と比べて有力な資産を相続出来なかった為に貧乏・金無し・赤字体質を継続することとなった。 そのため、明らかな老朽化が見えるまで車両を徹底的に使うというもったいない精神はその名残として今も引き継がれている[1]

最近は偽物も登場するなど、その地位が危ぶまれる。


路線[編集 | hide]

東海道本線[編集 | hide]

在来線最大の稼ぎ頭。JR西日本は米原〜神戸間を管轄。アーバンネットワーク発足により、琵琶湖線・京都線・神戸線に分割された。阪急阪神京阪近鉄(おうてつ)と競合しており、日夜速度競争を行なっている。

湖西線[編集 | hide]

全線高架の癖に人身事故や遅延は日常茶飯事。その為か、本当に高架の意味があるのかという疑問を投げかける声も多い。

山陽本線[編集 | hide]

山陽地域を瀬戸内海沿いに横断する路線。神戸から相生までは神戸線と言われている。 明石~舞子区間は、山電(ヤマデン)の特急と、快速が競り合い、日夜速度競争を行なっている。最近JRが事故ったので朝霧駅で快速が減速するようになり、隣を特急が豪快にすり抜ける様子はなかなかの見物である。 また、新快速ともほぼ互角。新快速が舞子に停まれば、山陽の方が速いかも知れない。(両社普通に110越える)

  • 和田岬線 - どっかの工場に人を運ぶための路線。大阪環状線から引退した古い車両が現役で使用されている。昼間は工場に人は行かないため、朝・夜と昼の運転間隔の差が激しい。景観の問題[2]からか、神戸市に廃線するよう要請されているが、儲けているのでJRは廃止しないと明言している。

山陰本線[編集 | hide]

別名: 嵯峨野線。東北本線の盛岡・青森間崩壊に伴い何気なく日本最長路線となった。旧線はトロッコ化されている。

北陸本線[編集 | hide]

米原から金沢までのそこそこ長い路線。本当は直江津までだが、現在金沢以遠は第三セクターに押し付けている。表向き北陸新幹線開業の為としているが、実際は単に赤字路線を手放したいだけである。

関西本線[編集 | hide]

幹線とは名ばかりで実際は気動車が一時間に数本しか走らないようなローカル線である。それでも沿線住民は幹線ユーザーだと言い張っている。加茂から終点までは大和路線と言われ、大和路快速なる電車が走ってたりする。根室本線同様の微妙幹線。

草津線[編集 | hide]

昔は忍者御用達路線として名を馳せたが、最近は若者の忍者離れで苦戦が続く、最近は沿線の観光資源を生かして観光路線として活用する動きもある。

奈良線[編集 | hide]

奈良県を通っていると思われがちだが、全線が京都府内を走っており、奈良県には到達しない謎の路線。

大阪環状線[編集 | hide]

関西人が山手線に対抗して作り上げた路線。相当なアンチ山手線としても知られる。線路が狭軌&脆いにも関わらず商売人根性で飛ばしている為、約半数の列車は一周もせずに遠心力で大和路線などに飛ばされる。その為、実は環状線では無く、ただの連絡線ではないかと噂されている。

桜島線[編集 | hide]

大阪環状線にひっついてる盲腸線。距離は著しく短い。日本合衆国へのアクセス路線としても知られ、アンチディ○ニーやリア充などで車内は混雑する。日本の気動車大国の由来ともいわれている。

福知山線[編集 | hide]

京都らへんから福知山へ行く路線。主要な大阪直通の路線としては著しくカーブが多く、曲がりきれなくなるケースも存在する。

桜井線[編集 | hide]

奈良県内を南北に縦断する路線。並走する近鉄には完敗している。他の路線では近鉄に対抗しているにもかかわらず、桜井線だけは本数から対抗する気がないからか本数が少ない。

片町線[編集 | hide]

元は片町までの路線だったが、東西線と引き換えに末端部が犠牲になった為、学研都市線に改名された。

JR東西線[編集 | hide]

大阪環状線の直径にならずでしかない路線。随分地下鉄臭い名前だが、実際に地下鉄である。この路線は仙石線と並び日本唯一のJR地下鉄として知られ、大阪唯一の狭軌地下鉄でもある。

おおさか東線[編集 | hide]

貨物線を改装して出来た路線。今後、新大阪に延伸することになった。最近の路線なのにもかかわらず、直通快速に充当される車両のほかはオンボロが輸送主軸を担っていた。ただし、オンに関しては転属してきたボロにその座を奪われ、現在はボロのみが走っている。

関西空港線[編集 | hide]

成田空港のホーム共有を真似して作られた路線。橋の上で南海とJRが並走競走する姿はあまりにも有名である。

阪和線[編集 | hide]

南海に対抗して作られた末に国有化された路線。現在も南海とは大阪和歌山間で競合関係にあるが、こちらはしょっちゅう遅延するので乗客からの評価はイマイチである。

紀勢本線[編集 | hide]

新宮から和歌山市までの路線。亀山から新宮はJR東海に占拠されている。

宇野線[編集 | hide]

寝台特急や特急・急行列車の走る路線だったはずだが、本四備讃線によってそのお株をローカル線にまで格下げされた稀有な格下げ路線。

本四備讃線[編集 | hide]

本州と四国を結ぶ路線である。ただし四国までは管轄せず、児島までをJR西日本の管轄とし、JR四国瀬戸大橋の維持管理を丸投げしている。

美祢線[編集 | hide]

ローカル線なのか幹線なのかよく分からない路線。セメント輸送を唯一の餌としている。

博多南線[編集 | hide]

これは在来線です。ええ、豪華でしょう?

小浜線[編集 | hide]

敦賀と東舞鶴を接続する路線。223系の紛い物が走っている。

越美北線[編集 | hide]

名松線同様、名前がおかしい路線。本当は九頭竜湖から先長良川鉄道越美南線の北濃駅まで伸ばす予定だったからこうなったのだが、建設される事なく計画倒れになることとなった。最近は、しRも漸くおかしいことに気づいたらしく九頭竜線という名前を使い始めた。

七尾線[編集 | hide]

形式上は和倉温泉駅が終点だが、その先の七尾駅まで青春18きっぷが使える為、終点の定義については謎が多い。

城端線[編集 | hide]

縁起の良い駅だけあって福光までは利用者がいるが、それより先2駅は寂れている。

氷見線[編集 | hide]

伏木駅を境に性格が変わる路線。

高山本線[編集 | hide]

本線という割に本数が少ない特徴は関西本線と共通しているため、これもJR東海の陰謀と噂される。

大糸線[編集 | hide]

JR東日本管内においては松本・白馬・大町・小谷など、観光地として名高い路線、特急も走ることのあるすごい路線である。

えっ、JR西日本管内は……。

和歌山線[編集 | hide]

地方交通線の名でありながらも本数がそれなりに多く、列車の行き違いにかかる時間が異様に長い事で好評を博している。

加古川線[編集 | hide]

東海道線が止まった時はこれを使えばよい。西脇市駅以北は普段、列車が走っているかもわからない程本数が少ないのに何故か電化されている。

姫新線[編集 | hide]

兵庫県内はそれなりに優遇されているが岡山県内は冷遇されており、地域格差がみられる。

舞鶴線[編集 | hide]

実質的には小浜線の延長。わざわざ別路線にしているのは単に路線数を増やすための工作と言われている。

播但線[編集 | hide]

特急がバンバン走ってる特急街道の割には知名度が低い。

赤穂線[編集 | hide]

赤穂藩士御用達路線。

津山線[編集 | hide]

大人の事情で急行廃止になった悲運の路線。

吉備線[編集 | hide]

岡山の代表的な鉄道の一つ。岡山と総社を結ぶ。

芸備線[編集 | hide]

幾度となく廃止を逃れてきた粘り強い路線ではあるものの、水害にはめっぽう弱い。

福塩線[編集 | hide]

福山と塩町を結ぶ路線。終点付近は塩くさい事で有名。

因美線[編集 | hide]

途中から特急が走り出す路線。かつてはこちらを特急が走ったが、智頭急行の暗躍により移った。

境線[編集 | hide]

妖怪が多く住むと言われる土地を走る。妖怪に呪われている為、車両には妖怪が描かれている他、不可解な事故が多発する路線。因みに主にゲゲゲの妖怪が描かれている。

木次線[編集 | hide]

出雲を走る路線。沿線では常に神の怒りに触れぬ様恐れ入った運行をしており、その運行方法はまるでヤマタノオロチである。

三江線[編集 | hide]

生存競争に負け廃止が決定したローカル線。だが、災害により何度も運休したがその度に復活し三江線不死鳥伝説を残した。

可部線[編集 | hide]

2002年に可部以北の非電化区間は廃止されたが、2016年、なぜか一駅間だけ復活し、おまけで新駅が開業した。

岩徳線[編集 | hide]

短絡線だけあり重要な役割を果たしているにも関わらず、影が薄くさんざんなことを言われる始末であるが、昔はこれでも幹線である。

山口線[編集 | hide]

21世紀にも関わらず、気動車も使わずに未だSLが走っている路線。鉄ヲタはもちろん、沿線住民からも家の壁や洗濯物が黒くなる・煙臭いなどと好評である。

小野田線[編集 | hide]

宇部小野田の突出部を回る路線。市街地を走りまわっていても、利用者が少なく単行で本数が少ないため、これは地方交通線の扱いである。

宮島航路[編集 | hide]

どう見ても船ですか?水陸両用なんです。ええ、間違いありません。だって18きっぷで乗れるでしょう?

この節は、執筆者が、面倒臭いので途中で放棄したか、または途中で寝てしまったので、現在書きかけです。あなたによる嘘でも楽しい加筆が望まれています。よろしく頼みましたよ。

脚注[編集 | hide]

  1. 単なる関西人の性格という説もある。
  2. 実際は地下鉄海岸線を儲けさせたいのだ

 関連項目 [編集 | hide]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者の為にウィキペディアのユーモア欠落症のマフィア達が「西日本旅客鉄道」の項目を執筆しています。
Uncyclopedia logo.png
アンサイクロペディアでユーモア研究生の暇人達が、「西日本旅客鉄道」の項目を執筆しています。
ユアペディアロゴ.jpg
ユーモア欠落症患者の犯罪者の為に荒らされまくって気がおかしくなってしまったユアペディアン達が「西日本旅客鉄道」の項目を執筆しています。