TikTok

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事は先編集権の放棄が謳われています。
この記事は誰でも自由に拡張・改変できますが、先編集権を理由に差し戻しされることはありません。
でも、ユーモア建前の区別を付けられるぐらいの知性は必要だよ?

TikTok(ティックトック、中: 抖音短视频、抖音)とは、中華人民共和国のByteDance社が開発運営している、将来の芸能界のスターを目指す若者が日々の鍛錬の成果を発表したり、新しいネタを披露したり、これまでに無かった新しいジャンルのバラエティー番組を提案するためのモバイル向けショートビデオのプラットホームである。

特徴[編集 | hide | hide all]

動画の長さが短い
このアプリはニコニコ動画Youtubeとは異なり、一つ一つの動画の長さが非常に短い。というのも、このアプリでは撮影時間が最大60秒であり、これは将来の芸能界のスターを目指すからには、たとえ短い尺でも多くの人を魅了させることができるのは当たり前だというのと同時に、そのような技術を手に入れなければ、芸能界のスターはおろか、そもそも芸能界入りすら果たせないので、これから芸能界を目指す初心者にそのような技術を習得させることを促すようにするためである。初心者は、しばらくの間は15秒しか撮影できないが、慣れたころになると15秒の尺でも人々を魅了させることができるようになり、「もっと長い時間あの子のネタをを見たい!」というファンも出てくるので、もっとネタを披露させるべく最大撮影時間が少し長めのCMと同じぐらいの長さである60秒になる。
若い世代が多い
将来の芸能界のスターを目指す若者が集まるアプリなのだから当然のことであるが、若い世代がとても多い。これは昔から、若いときに売れると大抵は死ぬか自ら引退するか、余程のスキャンダルを起こさない限りは安定して売れ続け、最悪一発屋で終わっても若ければその後の人生計画を修正することも容易であるため、なるべく若いときにスカウトから声がかけられるようにはやいうちからこのアプリを利用するからである。とある調査によると、日本の中高生の利用者の内、53パーセントが中学1年生の女子だったという。[1]これは表では「目立ちたいからではない」や「ノリで」等と言っているが、それは日本人特有の慎ましさからであり、本当は伝説のアイドルの多くが中高生の内にデビューしており、自分も後を追おうという気持ちからである。

問題点[編集 | hide]

若い世代の人々が、スカウトされるように日々ネタや演技を披露しているアプリだがもちろん問題点がある。そこではテレビ界よりもより既存の芸能人にはない斬新さが求められるのは明らかであり、彼らは斬新さについて寝る間を惜しんで考え、一生に一度の学校生活さえも捧げて必死に活動しているが、彼らは超大物芸能人は最初から斬新さ「だけ」で売れたと勘違いしているので、斬新ならば何でもありだと考え、結果TikTokは何でもありの無法地帯となってしまった。著作権ガン無視のBGM選曲今夜のおかずを探している紳士への過度なファンサービス今まで誰もそこで踊ろうとしなかった、あるいは誰もそこで何かしようとしなかった場所での演技・撮影をするまたは(法律的にアウトなので)今まで誰もする気がなかった奇想天外な演技、およびその撮影をするといったことは最早日常茶飯事となっている。結果万が一夢破れて芸能界デビューを果たせず一般人になってしまった場合はほぼ確実に黒歴史に、人によっては前科がつくことになる。

 

この項目『TikTok』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ


関連項目[編集 | hide]