VXガス

出典: 究極の八百科事典『ウソペディア』
ナビゲーションに移動 検索に移動

VXガス(ブイ・エックスー)とは、史上最悪且つ最凶の兵器である。

概要[編集 | hide | hide all]

この兵器は19XX年に連合軍が大日本帝国に使用する為に開発された兵器である。無色で無味無臭であるが故に気付きにくく、実は世界中の多くのテロに使用されていると見られる。

VXガスは、1mg程の微量でも非常に殺傷能力が高く、蒼い悪魔と・メントスと並び、世界三大殺傷兵器に指定されている。現在までにも日本国内でのオウム真理教及び恒心教による殺人テロに使われてる他、2017年の金正男暗殺事件の際にも使われてる事が明らかになった。

 

この項目『VXガス』はより良いユーモアの参考になる可能性がありますが、今はまだクソの山です。このページをより 愉快にしてくださる方を求めています。 → ウソペディア:スタブ